外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、多くの人が工事内容をばかり決めようとします。しかし、これでは外構工事で大きく損をしてしまいます。外構工事に大切なのは、「工事を行う理由を明確化しておくこと」です。

 

デザインや機能性ばかりにフォーカスして工事を行うと、余計な工事を行ってしまう可能性があります。

 

例えば、外構工事の中で一般的な、駐車場の工事を行うとします。「駐車場の工事を行いたい」という、漠然とした理由だけでは、業者は以下のような工事を勧めてきます。

 

「駐車場を一面コンクリートにして、アクセントにタマリュウ(日陰でも育成に問題のない丈夫な草)を植えてオシャレな外観にしましょう」

 

外構工事の専門家にこのように言われたら、ほとんどの人がおすすめの工事に決めてしまいます。

 

たしかに、コンクリートを使用した工事は耐久性があり、メンテナンスがかからないのでお勧めの工事です。しかし、外構工事を行う明確な理由が、「お年寄りがいるため、歩きやすい外構にしたい」といっている場合、業者が勧めて内容の工事では、つまずきや転倒の恐れがあります。

 

また、コンクリートは材料代が高いため、工事費用が必然的に高額になります。不必要な工事に対して、多額の費用を支払うのは非常にもったいない話です。

 

つまり、「工事の内容ばかりを気にして決めた工事は、大切なことを見落としている可能性がある」ということです。

 

外構工事を行う際は、明確な理由をもとに工事内容を決める必要があります。

 

 外構に求める機能性を再確認する
単に駐車場の工事といっても、コンクリートやインターロッキング(ブロックを互い違いに並べたもの)、あるいは砂利敷き(砂利を敷くこと)といった内容があります。これらの内容を把握しておけば、行う工事の候補を挙げることができます。

 

逆にいえば、工事を行う動機がはっきりしていなければ、業者が提案する高額な工事を言われるがまま行うことになります。

 

先に述べたように、工事を行う理由が「お年寄りがいるため、歩きやすい外構にしたい」ということが分かっていれば、工事内容を決めるのが簡便になります。

 

その場合は駐車場一つにしても、作り方を見直す必要があります。例えば、構造物は2〜3%以上の水勾配(水が流れるための傾斜)がなければいけません。

 

そのため、駐車場も同様に傾きが必要になります。

 

しかし、工事を行うお宅によって水勾配が異なるため、勾配がきつくなってしまうお宅が出てきます。水勾配だけを意識して作り上げた駐車場は、歩きづらい外構になってしまいます。

 

そこで、「歩きやすい外構にしたい」ということが事前に分かっていれば、歩行が簡単な駐車場を作り上げることが可能です。

 

工事を行う前に、外構に求める機能性を書き出しておきましょう。それを参考に業者へ相談をすれば、良い工事を提案してくれます。

 

 本当に必要な工事内容なのか再確認する
ウッドデッキやテラスの設置は、人気のある工事内容です。しかし、上手に使いこなせず、物置のように使用しているお宅は少なくありません。工事内容を無理やり決めるのではなく、工事を行う理由を先に考えなければいけません。

 

これらを設ける理由が「オシャレだから」というだけでは、本来の機能を発揮することはありません。利用するイメージを持たずに、ウッドデッキやテラスなどを作っても数年後には物置などになりかねません。

高額な費用を投資して制作した外構は、実際に使用しなければ「価値のないもの」と同等です。

 

このようなことが起こらないようにするため、必要な工事のみを行いましょう。また、工事を行う理由も明確化しておきましょう。

 

例えば、「外の空気を楽しみながらホームパーティーを行いたい」「日の光を浴びながら優雅にティータイムを楽しみたい」などの理由があれば、ウッドデッキやテラスを設ける必要があります。

 

このように、工事を行う理由を事前に定かにしておけば、外構工事で失敗する確率は低くなります。無駄な工事を行わないために、外構に求める機能性を明らかにしておきましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す