外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける

 

外構(エクステリア)で一番求められる要素は「目隠し」といわれています。外部からの視線をさえぎることで、安心できる「プライベートガーデン」を作り上げることができます。

 

プライベートガーデンは、周りのことを気にせずに安心して過ごすことができる「プライベート空間」といえます。

 

普段は忙しくてなかなか家でゆっくり過ごすことができない日々が続くと、ストレスが溜まっていきます。

 

騒がしい日常から抜け出したいとき、人目を気にせずに過ごすことができる「プライベートガーデン」があれば、心も体も癒されて穏やかな気持ちになれます。

 

私は、職人を勤めていたときに「目隠しをするための外構工事」が非常に多いと感じていました。お施主さん(工事依頼主)からは、「自分の家なのに人目を気にして生活するのが嫌だ」という意見をよく耳にしました。

 

ある工事では、隣りの家のリビングからお施主さんのリビングとテラスが丸見えだったので、目隠しをして「プライバシーを守れる庭」を施工した経験があります。目隠しをさりげなくするために、ブロックを低く積んで、その上にアルミ製のフェンスを設けました。高さは大人の人が立っても、頭が少し見えるくらいの高さに設定しました。

 

ブロック塀とフェンスによる目隠しを設けたことで、「プライベート空間」をつくりだすことができました。

 

工事が終わると、お施主さんは「覗かれていたわけではないのですが、隣りの家からの視線が気にならなくなり、有意義な時間を過ごせるようになりました」と、とても満足をしていただきました。「毎日家の外で本を読みながら紅茶を飲むのが一番の楽しみになりました」と言ってくれたこともあります。

 

プライベート空間はとても重要であり、目隠しは外構工事の中でも最も重要な工事のひとつです。

 

都市部の住宅街は密接しているため、特に十分なプライベート空間を作り出すことが難しいです。そこで、「目隠し」をすることによってプライベートガーデンをつくりあげるのです。目隠しは、さりげなくするのがコツです。
 

外構(エクステリア)でオシャレに目隠しをする

 

前述の通り、「プライベート空間」を作り出すためには、人目をさえぎる「目隠し」を設けます。一般的には、塀やブロック、植栽などでさりげなく目隠しをすれば、あなただけのプライベートガーデンの出来上がりです。

 

塀などで完全に建物を囲ってしまうのでなく、「気になる部分」だけ目隠しすることが有効な手段です。

 

例えば、隣の家や道路からリビングやテラスが丸見えの場合、ゆっくりくつろぐことができません。この場合、植栽やフェンスを設けることで建物の外観を崩さずに目隠しを設けることができます。

 

他にも、隣の家の二階からの視線が気になる場合は、「オーニング」と呼ばれる「ひさし」を設けることによって視線をシャットアウトすることも可能です。

 

さらに、オーニングはほとんどのものが折り畳み式なので、気分によってスタイルを変えることができるもの魅力的です。

 

ただ、「建物の様式と真逆のスタイルの目隠し外構」を設けることだけは絶対にしてはいけません。例えば、洋風なら洋風の目隠し外構、和風なら和風の目隠し外構といった感じです。なぜなら、訪れた人にちぐはぐな印象を与えてしまうからです。

 

建物と外構の様式を統一することで、見栄えのある外観になります。ただ単にオシャレな目隠しをすればいいというわけではないのでご注意ください。

 

また、要所に目隠し外構をすることによって、「工事予算を抑える」ことが可能です。家の周りを全て目隠しして、完全に仕切ろうとすると莫大な工事費用がかかります。しかも、密集している住宅街で完全に仕切ってしまうと「孤立」してしまい、周りの外観から浮いてしまいます。

 

オシャレのポイントとして、周りの家の外観の雰囲気に合わせることも、自分の家を良く見せるためのテクニックだということを覚えておいてください。重要なのは、同じような雰囲気の建物の中に「あなたの個性」を盛り込んで、他の建物にはない魅力を演出することです。

 

目隠し外構は、「必要な部分だけに目隠しを設ける」ことで、オシャレで安価な外構工事を望むことができるでしょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す