外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く

 

外構工事(エクステリア工事)は、その名の通り「工事」であるため、隣近所への「騒音問題」、風で砂・セメントの粉が舞い上がる「粉塵問題」などがあります。工事をする際、一番気をつけなければいけないのは近隣トラブルです。

 

トラブルを防ぐためには事前に挨拶まわりをして、「工事が始まること」を告げておかなければなりません。これは、大人として最低限のマナーなので必ず実行してください。

 

工事を行うことを告げずに朝から大きな騒音をたて、ホコリが舞い上がってきたら誰でもいい気分はしないものです。

 

私が職人を務めていたときも、「隣近所からの苦情」は常にありました。直接怒鳴り込んでくる人もいれば、会社に電話をかけて苦情を入れる人も本当にたくさんいました。苦情の内容で多かったのは、以下のようなものがあります。

 

 ・工事がうるさくて眠れない(工場などの夜勤明けの人)
 ・ホコリが舞い上がってきて洗濯物を干せない
 ・工事の車が邪魔で道が通れない

 

近隣トラブルを避けるためには、「ご近所への挨拶の重要性」が分かります。何も聞かされずにいきなり工事を行うのは、常識として「絶対にしてはいけない」ということを覚えておいてください。前触れもなしに工事が始まってしまうと、ほぼ100%トラブルが発生します。

 

工事着工前にひと言でも挨拶があれば、近隣住民の印象も工事中の気持ちも大きく変わってきます。工事着工前の挨拶の有無で、ご近所の心理状態に大きな差が生じるのです。

 

ここで、近隣トラブルを事前に防ぐための2つのメソッドを紹介します。私が職人を務めていた頃の経験に基づいた方法なので、是非参考にしてください。

 

 @工事が始まる前に挨拶をすることでトラブルを事前に防ぐ
挨拶については、先に述べた通りです。外構工事前に挨拶する範囲は工事内容や規模によって異なります。ホコリが立ちやすい土質のお宅では、風に乗ってかなり広い範囲まで届きます。

 

また、たとえ音やホコリがたたないとしても車や人の出入りなどが頻繁にあるので、ご近所に落ち着かない思いをさせてしまうことがあります。外構工事の規模の大小に関係無く、ひと声かることを心がけておきましょう。

 

外構工事を行う際、最低限挨拶が必要な範囲は、「向こう3軒両隣 + 裏の家3軒」といわれています。また、少し遠くても、工事資材の搬入や工事車両の出入りで迷惑をかける可能性がある家にも、挨拶をしておくことが手堅いです。トラブルの発生を極限まで抑えるために、念には念を入れましょう。

基本的には、工事を依頼した業者があいさつ回りに行くのが常識ですが、やはり第三者が挨拶に行くより、直接本人が挨拶周りをした方がトラブルを防ぐ確率は大きいです。挨拶へ行く際、手土産を持っていくと効果的です。

 

工事を依頼した業者も挨拶へまわりますが、必ず自分でもまわりましょう。お勧めの挨拶方法は、業者より先に挨拶を行い、「後から業者が再度伺いますので、疑問点やご要望などありましたら気兼ねなく申し上げて下さい」とひとこと残しておくことができれば最高です。

 

なぜなら、毎日のように顔を合わせるご近所さんにはなかなか言い難いことでも業者相手だと気になることや不満を気兼ねなくいうことができるからです。

 

私も業者として近隣へのあいさつまわりを何度も行いました。ご近所さんであるお施主さん(工事依頼主)には直接言えない工事への不安や要望を話してくれるので、トラブルを事前に防ぐ対策をとることができました。

 

事前の挨拶は業者さんとの上手な連係プレーが大切です。必ず自分も挨拶にまわりましょう。

 

 A挨拶をするときに工事終了の予定日を伝える 
挨拶をする際、相手の準備の都合もありますので、どんなに遅くても工事が始まる1週間前までに済ませておきましょう。都合が合わなくて会えない場合は、手紙を入れて工事が始まることをお知らせしておきましょう。

 

そこで、必ず伝えておきたいのが、「工事開始日」と「工事終了予定日です。いつ終わるか分からない工事は不安やイライラを増長させてしまいますまた、外構工事の内容が決まれば、工事計画や段取りなどを項目ごとに分けて、その期間や日数を示した表が発行されます。それを「工程表」と呼びます。

 

工程表を基、「工事を行う時間帯」や「工事の休みの日」、「大きな音がする日」や「ホコリが立つ日」などが分かれば、事前に工事車両を停める位置の確認などもしておくと良いでしょう。

 

これを把握しておけば、「○月○日の△時からはコンクリートの打設があるため、工事車両が頻繁に出入りします」と伝えたり、「○月○日の△時から?時までは、外構工事で使用する資材搬入のため通行止めになります」と伝えたりすることができます。

 

これからもずっと長く住む家だからこそ、ご近所付き合いは大切にしたいものです。「住んでいる方が近所の方にひと声掛ける」ことが外構工事成功への第一歩です。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す