外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする

 

外構工事を行う人の中でも、初めから明確な工事費用を決めている方は、実は一握りしかいません。

 

ほとんどの人が予算をあいまいにして、工事のプランをたてようとします。しかし、これでは外構工事で大きく損をしてしまう可能性があります。外構工事を行う前に、正確に費用を算出しなければ、損をしてしまいます。

 

例えば、中でも一番良くないケースは、「100万〜300万円の範囲内で良質な外構工事を行ってほしい」などと業者へ提示することです。

 

外構工事は明確な金額をもとに、工事内容を決めることができます。この場合だと、300万円なら質の良い材料を使用することができますが、お客様からすれば、「工事費用が高い」と思わせてしまいます。一方、100万円で工事を行おうとすれば、当然工事のクオリティーが下がります。

 

このように、工事予算をあいまいにしてしまうと、業者が迷ってしまいます。

 

とはいっても、外構工事プランを考える際は、工事自体にかかる費用が分かりません。そこで、業者へ見積もりを依頼して、大まかな金額を聞き出す必要があります。このとき、希望を明確に伝えておくことで、予算内にて望み通りの外構を手に入れることができます。

 

遅くても、ヒアリングの際に金額を決めてもかまいません。そもそも、予算が300万円だとしても、300万円ピッタリの見積もりを出してくる業者はいません。

 

 金額を明確にしなければ、外構工事を行うことはできない
工事費用をあいまいにしておくと、工事内容や使用する材料などの金額も決められません。

 

例えば、先に述べたように、100万〜300万円の範囲内で良質な外構工事を行ってほしい」とお願いをして、「幅広く金額を設定したので、良い工事をしてもらえる」と思っていたとします。

 

しかし、業者側からすると「工事費用が明確に決まっていないため、使用する材料や行える工事内容を明確化することができない」といいます。

 

また、お客様は「できるだけ安く工事を行いたい」と考えていたとしても、業者は「予算いっぱいで良い外構を作り上げよう」と思っているかもしれません。

 

このように、意見のすれ違いは簡単に起きてしまいます。頑張って優良業者を見つけ出したとしても、小さなすれ違いからそのチャンスを逃してしまうことになります。予算の決め方は「予算は〇〇万円なので、この予算内で望む素敵な外構を作ってください」と伝えるようにしましょう。

 

また、途中から予算を変更してはいけません。全体のバランスは最初の見積もりで決められているため、後から予算を増やしても、外構全体を変更することはできません。

 

例えば、50万円で工事を行っていて、半分以上作り上げた途中で予算を50万円増やすとします。100万円の工事になるため、途中から工事費用に余裕が生まれます。しかし、後から工事を豪華なものに変更してしまうと、初めから行っていた範囲と後から工事を行った範囲がちぐはぐになってしまいます。

 

このようなことが起きないように、明確な金額を決めて外構専門業者へ伝えてください。そうすれば、あなたの予算内で、バランスの良いベストな提案を期待することができます。

 

つまり、「明確な予算を伝えることは、後で後悔しないための重要なポイント」ということです。

 

 外構工事はおおよその単価が存在しない

ただ、外構工事は個人が頻繁に行うものではないため、業界に携わっていない人はおおよその単価が分かりません。

 

例えば、住宅の場合、「坪単価〇〇万円」などという言葉を聞いたことがあると思います。

 

一方、外構工事にはこの坪単価というものが存在しません。業者によって、使用している材料や工法、あるいはデザインに至るまで大きく異なります。外構プランや行う工事の内容で、金額は大きく変動するのです。

 

このようなことを明らかにするためには、業者に見積もりを依頼して、実際にコンタクトをとることをお勧めします。業者へ取い合わせをすれば、すぐに単価を知ることができます。さらに、あなたに合った良い外構工事をお勧めしてもらえます

 

外構工事は高額なため、一度失敗してしまうと、大きな損をすることになります。このようなことが起きないように、当サイトを熟読して、外構工事の基礎知識を身に付けてください。

 

また、外構工事を依頼する業者を決める際は、用意できる予算を明らかにしておきましょう。その上で業者のヒアリングを行い、工事の単価や内容を考慮して具体的な外構プランを組み立ててください。工事を依頼する業者が優良であれば、予算内で想像を超える出来栄えの外構を作ってくれることでしょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す