外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す

 

外構工事(エクステリア工事)を業者に依頼する前に、その会社と正式に契約を結ぶ必要があります。本契約を結ぶためには、契約書に署名して印鑑を押します。このとき、契約書の内容をきちんと確認していないと、後で後悔することになります。

 

例えば、工事を依頼する外構専門業者(エクステリア業者)との契約書に「追加工事が発生した場合、初めに提出した見積もりとは別途請求する」と記載されていたとします。これを知らずに、契約書にサインしてしまうと、工事の途中で追加工事が行われてしまうと、依頼した工事とは別の金額を請求されてしまいます。

 

このようなリスクを最小限に抑えるためには、業者とあなたの双方が納得した上で書類に残しておく必要があります。

 

しかし、何度かエクステリア業者と交流を交わしているうちに信頼関係が築き上げられるため、大切な内容を口約束で決めてしまう方は多いです。ただ、口頭でお互い了承していたとしても、外構工事にはたくさんの人が関わるため、業者とお客様によって交わした約束が果たされることは稀です。

 

そもそも、エクステリア工事は数カ月単位で行うものなので、忘れてしまうことも珍しくありません。

 

そこで、口約束でのトラブルを防ぐための対策を紹介します。また、書類の内容についても、あなた自身がきちんと納得しなければ意味がありません。このことについても、さらに詳しく述べていきます。

 

 口約束で決められた契約は意味がない
前述の通り、口約束で決定した工事内容や仕様変更は、全ての人が知らなければ意味がありません。たとえ何日もかけて打ち合わせをしたとしても、書類として残っていなければその約束を照明する証拠がなければ意味がありません。

 

もし、「ブロック塀を塗って欲しいと言ったのに、違うものになっている」と意義を申し立てても、「そのような話は聞いていません。仕様書通りに施工しました」と言われてしまえば反論できません。

 

エクステリア業者の方と仲良くなったとしても、業者とお客様という関係は変わらないため、証拠がなければあなたの意見が認められることはありません。ハッキリと口約束したことを覚えていたとしても、書類として残っていなければ業者の言いなりになるほかありません。

 

外構プランに対する変更や要望がある場合、重要かどうかは関係なく、きちんと計画書や仕様書に変更を書き加えてもらいましょう。そして、その内容を再度確認すれば間違いありません。最後まで気持ちの良い工事で終わらせるためには、書類の見直しは必要なこです。そのため、工事担当者に書類の作成をお願いしましょう。

 

 追加施工の問題について
稀ですが、口約束と契約書の内容が食い違っていることがあります。この場合、契約書の内容が正規として認められるため、たとえ口頭で確認を繰り返したとして意味がありません。

 

例えば、大半の方はエクステリア業者に初めに提出された見積書が「工事費用の全額」と思ってしまいます。しかし、現場の状況によって追加工事が発生した場合、追加料金を請求することがあります。このことは、ほとんどの業者が契約書に記載されている内容ですが、きちんと細部にまで目を通さなければ知りえない情報です。

 

事前に「追加工事に対する料金は発生しますか?」と尋ねていたとしても、その担当者が追加工事の料金請求について知らなければ「発生しません」と答えるはずです。

 

しかし、工事を行っている途中で問題が生じた場合、契約書に追加料金の請求について記載されているため、追加工事の費用を支払わなければいけません。

 

このとき、「追加施工の話は来ていないし、この部分の施工ははじめ提出された見積書に含まれていると思いました」と言っても無駄です。「追加工事が見積書に含まれるとは言っていません。それに、その他の料金は別にかかると、契約書に記載されているはずです」と言われてしまえば、太刀打ちできません。

 

外構専門業者は書面に全ての契約内容を記載しているため、裁判になったとしても負けることは稀です。一方、お客様は口約束の内容を書類として残しておくことはないので、裁判を起こしても勝つことは難しいです。

 

このようなトラブルを未然に防ぐためには、口約束ではなく、書面にきっちり残しておくことが重要です。

 

エクステリア工事の場合、施工内容の変更や追加がよくあるため、その都度書面に記載しましょう。そして、両者が納得したという証拠として書面には両者のサインや印を押し、複写式などの書面を用いて1通ずつ保管するようにすれば間違いありません。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する