外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由

 

外構工事(エクステリア工事)はとても高額なため、人生で一度行うか行わないかであろう大きな買い物です。素人さんは専門的な知識が無いので、業者選びに不安を覚えると思います。また、業者さんが話す工事の内容や、進められた工事の必要性をいまいち理解できないと思います。

 

外構工事を依頼する前に必ず基礎知識を身に付けておきましょう。基礎知識を身に着けることで、工事費用を最小限に抑えることができます。

 

 工事の必要性を考える
まず、訳の分からないまま「はいはい」と業者言いなりに工事の契約をしてしまうと、大きく損をしてしまう可能性があることを知ってください。また、工事を勧める業者に悪気がないとしても、工事の必要性を判断できなければ、余計な工事を依頼してしまう可能性があります。

 

例えば、お客様のことを第一に思い「裏庭を一面コンクリートにすれば手入れ不要な上に、外観がスマートになりますよ」といわれたとします。そうすると、お客様は「たしかに手入れがいらないなら、コンクリートにした方がいいな」と思うはずです。

 

しかし、外構工事の基礎知識がしっかりしていれば、裏庭を一面コンクリートにする必要がないことに気づきます。材料の一つであるコンクリートはそれ自体が高額なため、工事費用もおのずと高くなってしまいます。車が乗ったり、重量がある倉庫を置いたりしない限り外構工事にコンクリートを使用する必要はないと思います。

 

むしろ、きれいな砂利を敷いたりブロックを並べたりして、片隅でガーデニングや家庭菜園を楽しめた方がお客様のためになる可能性があります。また、砂利の下に「防草シート」と呼ばれるシートを敷くことで雑草が生えてくる心配がなくなるので、手入れ不要の庭を実現することができます。

 

前述の通り、コンクリート自体が高額なため、工事費用もおのずと高額になります。実はここが一番重要です。なぜなら、業者が提案してくる工事はお客様のことを思って勧めているように見えますが、実際は高額な工事を契約してもらうために工事を勧めてきています。

 

当たり前のことですが、悪徳業者だけに限らず、優良業者も高額な工事を勧めてくることは致し方ありません。ただ、あなたが必要ないと感じた工事はすぐに断るようにしましょう。

 

 工事内容を理解したうえで工事の依頼を行う
あなたが必要としていた工事を勧められたのであれば、工事を依頼する価値があります。ただ、星の数ほどいる業者の中で優良業者と呼ばれる業者は一握りです。ほとんどの業者が利益のために手抜き工事を行ったり、工事費用に見合わない工事をしたりしています。

 

その中でもお客様の不安をあおり、余計な工事を勧めてくる業者が数多くいるのでご紹介致します。

 

例えば、建物の周りを囲むフェンスや隣近所との境界を分ける壁などは、外部からの大きな力に耐える必要がありません。優良業者であれば、外構工事の中でも比較的安価なブロックを活用した工事を提案してきます。

 

一方、利益のみを重視して考えている業者は、高額な工事を契約してもらうために以下のような提案をしてきます。

 

 ・ブロックを使用する工事では耐久性が劣るため、コンクリートを使用した工事を行ってください
 ・ブロックはコンクリートに比べ強度が劣るので、地震などで倒れてしまう危険性があります
 ・コンクリートを使用すれば手入れを行う必要がありません

 

たしかに、コンクリートを使用する工事のメリットは「耐久性」と「高強度」が挙げられます。さらに、コンクリートを使用すれば、雑草が生えないのでこまめな手入れを行う必要がありません。しかし、このような提案をしつこくしてくる業者は優良な業者ではありません。

 

なぜなら、本当にお客様のことを一番に考えている業者は、工事費用を抑えつつクオリティーの高い工事を進めてくるはずだからです。

 

前述の通り、周り近所との境界を示すために建物の周りを囲む壁やフェンスは大きな力に耐える必要がありません。強度を必要としていないにも関わらず、しつこく高額工事を勧めてくる業者には悪意を感じなければいけません。

 

ただ、コンクリートを使用した工事の魅力を伝えるため、一度くらい提案してくる程度であれば常識の範囲内です。お客様の予算に関わらず、さまざまな工事パターンを提案してくる業者が優良業者です。

 

このような事実を調べるためには、見積もりを何社からも集めなければいけません。外構工事の見積もりは、少なくとも3社以上に出すことをお勧めします。面倒くさいと思うかもしれませんが、上記の内容を考慮すれば見積もりを出すことの重要性を理解していただけると思います。

 

また、見積もりを行う際はヒヤリングを積極的に行う業者を優先するようにしましょう。お客様のことを考えずに、業者側の提案ばかりを押し通してくる業者は悪徳業者かもしれません。

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す