外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構専門業者やホームセンター、住宅メーカーが行う外構工事の違い

 

外構工事(エクステリア工事)の計画をしたとき、たくさんある候補の中から業者を選ばなくてはいけません。ほとんどの人が外構工事の経験がないので、どの業者に依頼をすれば良いかわからないと思います。

 

業者選びのポイントは、予算内で工事をプランニングしてくれて、施工技術も高い業者を選ぶことです。

 

「値段が安い」という理由だけで業者を決めてしまったり、「デザインを追求」してしまったりすると、必ず「値段」か「施工面(デザイン性)」のどちらか一方に偏ってしまいます。

 

例えば、値段が安い業者に工事を依頼すると、「粗悪な工事」をされてしまう可能性が非常に高くなります。また、値段のことを考慮せずにデザインばかりを追求した場合、目を疑うような「高額な工事費用」になってしまいます。

 

良い業者というのは、お客様のことを第一に考えているので、納得がいくまでヒヤリングをしてくれます。できるだけ質の良い工事を、お客様の予算内に収めるようにプランニングしてくれます。

 

そこで、外構工事を依頼する前に、「予算」と「工事内容」を具体的に決めておきましょう。この二つさえ決まっていれば、外構工事のプランニングをスムーズに行うことができるできます。

 

また、外構工事を依頼できる業者は大きく分けて2種類あります。以下の内容を頭に入れておけば、外構業者選びに役立ちます。

 

 住宅メーカーやホームセンターは自社で工事を行わない

まず、住宅メーカーやホームセンターといった大資本の大手企業は自社で工事を行いません。これらの企業は「下請け業者へ丸投げ」しているのです。

 

お客様を集めて施工管理をすることができますが、自社で工事を行うことはできません。

 

下請け業者へ外構工事を丸投げすることで、住宅メーカーやホームセンターは「マージン(手数料)」を抜き取っています。つまり、本来の工事費用とは別に、余分な手数料が工事費用に含まれているということです。

 

さらに、外構工事専門業者ではないので「個性的な外構工事」を行うことができません。さらに、工事のパターンやデザインが決まっているため、メーカーごとに「外構の癖」がでてしまいます。

 

見慣れてくると「あの外構は〇〇ハウスの外構工事で、こっちの外構は△△ホームの外構工事」と分かってしまうほどパターンが少ないです。しかも、外構パターンが少ないうえに工事費用は割高です。

 

たしかに、ある程度は「ああしたい、こうしたい」という意見を取り入れてくれます。しかし、決まった外構を組み合わせていくだけなので「面白みがある外構」を作るのは難しいでしょう。

 

ただ、大手企業の強みは「保障」がしっかりしています。単に値段が高いというわけではないということを頭の中に入れておいてください。

 

 外構専門業者はデザイン(設計)から施工までを自社で行う

次に、外構工事を行える業者として「外構専門業者(エクステリア業者)」があります。外構専門業者は、自社でデザインから施工まで行っているので、「デザイン性に優れている」うえに「妥当な金額」で工事を行ってくれます。

 

よく「外構専門業者に工事の依頼をするのは敷居が高い……」と思っている人がいます。

 

しかし、そのようなことはありません。むしろ「工事費用を安く抑える」ことができて、さらに「あなただけのデザイン」で外構工事を行ってくれるのでかなりお勧めです。

 

外構工事を専門で行っているため、「知識」や「技術」はかなり高度です。ヒヤリングでは、あなたが思い描く理想を聞き出してくれて、工事面ではそれを形にしてくれます。個性的で見栄えがよく、周りの建物に差をつけることができます。

 

ただ、外構専門業者といっても業者によって「デザイン」や「提案内容」、「金額」は異なってきます。外構工事を依頼する際、損をしないために行わなくてはいけないことがあります。それは、多くの外構業者に見積もりを依頼することです。これは、住宅メーカーやホームセンターにも共通していえることです。

 

ほとんどの業者が見積もりは無料で行っています。複数の業者に見積もりをしないと「大きな損」をしてしまう可能性があります。

 

例えば、駐車場の外構工事の見積もりを依頼したとします。外構業者Aは手厚い保障プラス充実の工事内容で200万円の見積もりを出しました。一方、外構業者Bは同じような保障内容で工事内容も変わらないのに、180万円の見積もりを出してきました。外構業者A・B共に同じ内容なのに20万円も差額が生じています。

 

最初に見積もりを出した外構業者Aに工事を依頼することが悪いとは言いません。ただ、複数の業者に見積もりをとることでより良い業者を見つけることができるということです。

 

最低でも3社以上の業者から見積もりをとることが理想です。外構工事で「損」をしないために、値段と工事の仕上がりに満足することができる業者を見つけなければいけません。

 

外構工事を「一生に一度の買い物」と思って、妥協をせずにあなたに合った業者を見つけ出しましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す