外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方

 

 

 

「外構の工事をしよう」と考えた時、外構業者(以下 エクステリア業者)探しをしなければなりません。一般の方であれば、外構関係の業者を探す場合、大変苦労されると思います。

 

いたるところで工事をしている姿を目撃する機会があるのに、関わりをもっている人はごく一部です。

 

なぜなら、外構工事はとても高額だからです。クステリア業者との関わりは、9割以上の方が一生に一度だけ関わるか関わらないかくらいです。

 

「夢のマイホーム」とも言われているように、外構を含めた家の価値はとても大きな財産です。一生に一度の夢を叶えるためには、夢を形にしてくれる業者選びが何よりも大切です。
 

 エクステリア業者は最初から決まっていた

 

造園ないしエクステリア業者の場合、営業スタイルは千差万別です。誰もが良い業者に出会い、満足のいく工事をしてもらうことを心から願っています。

 

ここで一つ大きな疑問が挙がります。「なぜ、エクステリア業者は広告や展示場もなしに集客を行うことができるのか」と言う疑問です。

 

住宅メーカーは、全国各地に展示場を構え、テレビCMや広告を出しているのに対して、エクステリア業者の広告宣伝は見たことがありません。

 

理由は簡単です。新築工事やリフォームの際、住宅メーカーからエクステリア業者を紹介されることがほとんどだからです。

 

 「家を買う=外構工事も行う」

 

家と外構がセットと考えている人がほとんどなので、簡単に外構工事の契約も取れるのです。一例を挙げます。

 

 住宅メーカー  
「当社で外構まで行ってしまうと、金額が高くなってしまうので専門業者をご紹介いたします」

 

 お客様  
 「本当ですか? ありがとうございます! (なんて親切な業者さんだ……)」

 

いかがでしょう? 簡単に契約をとることができました。しかも、この契約にはからくりが隠れていたのです。

 

大半のエクステリア業者は、住宅メーカーの下請けです。上記の場合であれば、住宅メーカーは親切に見えていますが、実際には20〜40%の手数料を取っています。

 

つまり、100万円のエクステリア工事を行った場合、20〜40万円はハウスメーカーの中間マージンになっているということです。

 

親戚や友人からの紹介なら手数料の差額が差し引かる上に、安心して工事を任せることができます。一方、工事の質より利益を考えている住宅メーカーの紹介はあてになりません。友人からの紹介と住宅メーカーからの紹介は、全く違う」と言うことを頭の中に入れておいてください。

 

こらからは、エクステリア業者を指定されるのではなく選ぶ側へ

 

外構工事は大切なマイホームを着飾るためにとても重要です。利益ばかりを重視している業者に頼んでしまうと、あなたの思い描く理想が叶うことは難しいでしょう。

 

ただ、「住宅メーカーを通さなければいけない」と言うルールは存在しないため、直接工事の依頼をすることが可能です。エクステリア業者に、外構工事を直接依頼することによって、住宅メーカーが中間に入らないので予算もグッと抑えることが可能になり、最高のクオリティーの工事をしてくれます。

 

住宅メーカーの下請けであるエクステリア業者のほとんどは外構専門の業者ではありません。なぜなら、住宅メーカーが外構専門業者へ頼んでしまうと、安い値段で工事を請けてくれないため、住宅メーカーがもうからなくなってしまうからです。

 

ここで注意しなければいけないことは、「外構専門業者に頼むと無駄に高くなってしまうのではない」ということです。いくつか例を挙げていきましょう。

 

住宅メーカーが300万円の外構工事を行うとします。しかし、住宅メーカーの下請け業者が実際に行う工事内容の費用は250万円前後となります。残りの50万円は住宅メーカーが手数料としてチャージするからです。

 

では、外構専門であるエクステリア業者はどうでしょうか? 外構専門で工事をしているエクステリア業者に300万円の予算で外構工事を依頼したら、想像をはるかに超える素晴らしい仕事をしてくれます。

 

外構工事の専門家であるエクステリア業者はお客様の理想を細かく聞き入れ、思い描くイメージを形にして提供してくれます。

 

さらに、住宅メーカーの下請け業者が、専門であるエクステリア業者と同じ内容の仕事をしようとしたら300万円では作り上げることは不可能です。専門業者の強みである「高品質かつスピーディー」に工事をこなしてくれるので、片手間で外構工事をするような業者では手も足も出ません。

 

上記の例の場合では、全く同じ値段の工事でも、工事を依頼する業者を間違えてしまうと品質の面で100万円近くの差が生まれてしまいます。

 

工事に対する思い入れも専門業者には勝てません。業者選びで失敗しないために、「理想を掲げ、最高の対応をしてくれる業者」を選別していきましょう。

 

以下に、安心して外構工事を依頼できる業者の4つの選定基準を記します

 

1.外構工(エクステリア)事を行う業者選びのコツ:問い合わせを行う

 

 

 

外構工事(エクステリア工事)を行う前に、業者選びを行わなければいけません。外構工事を行う業者を適当に決めてしまうと、悪徳業者に出くわしてしまう可能性があるからです。

 

そもそも、優良業者と呼ばれる外構専門業者は一握りしかいないのが現実です。無数に存在する業者の中から、数少ない優良業者を見つけることは至難の業です。

 

そこで、気になる外構専業者を見つけたら、「問い合わせ」を行うようにしてください。問い合わせを行うことで、優良業者かどうかを簡単に見極めることができます。また、この方法は業者選びのコツになります。この内容について、以下で詳しく解説していきます。

 

資料請求を行う

 

問い合わせをする際は、メールではなく電話で問い合わせを行うようにしてください。業者の受付の対応や雰囲気を同時に確かめることができるからです。

 

このとき、電話対応を行う社員の対応が悪かったり、高飛車な態度をとったりするような業者は問題外です。また、問い合わせを行っているだけにも関わらず、契約の話をしてくる業者には注意が必要です。優良業者の場合、あなたの要望を細かく聞き入れ、適切に対応するだからです。無理に契約の話へ進めようとはしません。

 

一方、契約を結んでもらうための話をいつも前面に押し出してくるような会社は、悪徳業者である可能性があります。また、前述の通り、あなたへ対する態度に違和感があるような場合も同じです。優良業者であれば、あなたの口から「契約したい」と言わせてしまうような満足度の高い提案を期待できるからです。

 

ただし、外構専門業者(エクステリア業者)へ問い合わせを行った際、少しでも工事内容や保障内容が薄っぺらいと感じたら警戒してください。そして、あなたのお宅を見ていないにも関わらず、価格や値引きの話をしてくるような業者は間違いなく悪徳業者です。

 

そもそも、工事内容の提案を行うためには、あなたの家のデザインや建物全体のイメージを把握しなければプランニングを行うことはできません。的外れなことばかりを申し出てくる業者は相手にするだけ危険です。

 

その点、電話であれば相手の声やトーンを感じ取ることができます。事前に準備のできるメールなどとは異なり、電話はその場で対応しなければいけません。そのため、業者の感情を直感的に感じ取ることができます。おかしな点があれば、すぐに気付けるはずです。

 

ただ、お客様を騙して利益を上げている悪徳業者の場合、細心の注意が必要です。巧みな話術で説明を受けてしまうと、「私は騙されない」と思っている方でも簡単に騙されてしまいます。

 

そのため、これまで述べてきた通り、問い合わせの時点で契約の話をしてくるような業者とは付き合わない方が無難です。流れに乗せられて契約をしてしまったら元も子もないからです。

 

資料の内容を確認する

 

外構専門業者に好印象を抱いた場合、同時に資料請求も行うようにしてください。業者が提供している資料には、工事実績やサービス内容、または会社概要まで細かく確認できます。そのため、業者の良し悪しを判断する際に非常に役に立ちます。

 

資料の量が多すぎてもげんなりしますが、少なすぎてもがっかりしてしまいます。適当な資料の量で、分かり易く簡便にまとめてある資料は良い資料です。さらに、分かりやすい写真やイラスト、あるいは実際の施工状況のDVDなどを配っている業者であれば問題ありません。

 

お客様に配る無料の資料に力を入れているということは、良い工事を行おうとしている姿勢の表れです。

 

このように、外構専門業者へ問い合わせを行うだけで、業者の内側を覗くことができます。少しでも気になる業者を見つけたら、怖がらずに電話で問い合わせを行い、資料請求をしてみましょう。これらを行うことで、あなたにマッチした優良業者を見つけるための大きな一歩になります。

 

2.外構工事を行う業者選びのコツ:ホームページをチェックする

 

 

 

外構工事(エクステリア工事)と聞くと、外で働く職人さんを思い浮かべるのではないでしょうか? そのため、近寄りがたいと感じたり、話しかけるのが怖いと思ったりしている方はたくさんいます。

 

しかし、実際の外構専門業者(エクステリア業者)はそんなことはありません。現場で外構工事を行っているのは、その会社の工事担当の職人部隊あるいは提携している下請け業者です。事務仕事や営業を行っている姿をみると、一般企業と何ら変わりはありません。

 

近年では、インターネットが一般家庭にも普及したため、小さな企業でもホームページを持つようになりました。自社で行っている外構工事の内容や、会社情報をインターネット上に記載している外構専門業者が増えています。

 

そこで、ホームページの観覧方法を以下で詳しく解説していきます。きちんと要点をおさえることで、優良業者を見極めるコツがわかります。サイトには施工内容や営業方針、あるいはデザイナーについて細かく確認できます。これから解説していく4つのポイントをしっかり学び、業者選びに役立ててください。

 

ホームページを持たない業者

 

外構工事を依頼する業者を見つけ出すためには、雑誌やインターネット、または広告などから業者選びを行う方がほとんどです。

 

しかし、外構専門業者は無数に存在しているにも関わらず、大半の業者が自社のホームページそのものを制作していません。そのため、会社名が売れている住宅メーカーやホームセンターへ、外構工事の依頼をする以外手段がないのが現状です。

 

そこで、当サイトでは優良業者のみを紹介しているので、お困りのことがありましたら、ぜひご利用ください。悪徳業者が無数にまんえんしている中、簡便に優良業者を見つけることが可能です。ホームページを持たない業者の信頼性を見極めることができないのであれば、信頼のできる方に紹介してもらう方法が有効です。

 

工事実績の豊富さ

 

外構工事を受け持つ業者ごとに、「得意な分野」というものが存在します。また、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)、あるいは、植栽などの項目ごとに専門業者が存在するのも事実です。

 

得意な分野があるのは良いことですが、外構全域を作り上げるためには、総合的にレベルの高い工事を行う外構専門業者を選ぶ必要があります。

 

例えば、駐車場は想像以上の出来栄えで満足できたとしても、庭を彩る植栽のセンスがなければ、ちぐはぐで残念な外観になってしまいます。

 

このようなことを避けるためにも、工事実績を豊富に持ち、あなたが行いたい工事内容を高品質で施工している業者を選ぶようにしましょう。ホームページを運営している大半の外構専門業者は、必ずと言っていいほど工事実績を記載しています。種類が豊富なほど、あなたの庭を施工する際のイメージを作りやすいです。

 

営業方針を確かめる

 

外構工事を行っている業者の数だけ、営業方針が異なります。営業方針とは、企業の経営理念(目的)のことです。営業方針は、外構専門業者ごとに異なるため、千差万別です。その中から、あなたの希望に沿う営業方針をもつ業者を選ぶ必要があります。

 

例えば、「お客様の住みよい環境になるように、低価格で満足度の高い外構作りを心がける」という経営理念を掲げている業者であれば、社員全てが同じ理念を持っているため、お客様のことを第一に考えた提案をしてくれます。

 

一方、営業方針自体が決まっていない業者の場合、「工事を行えば良い」とだけ考えているため、質の高い工事を行おうとはしません。それどころか、会社の利益が根本にあるため、お客様が損をするようなプランを平気な顔で提案してきます。

 

これらのことを考慮すると、営業方針や経営理念は大切だということが分かります。数十万円〜数百万円もの費用を支払う外構工事を依頼する業者は、あなたの過ごす空間に責任をもって施工してくる業者でなければいけません。

 

デザイナーの在籍状況の確認

 

仮に、質の高い外構を施工する職人さんが多数在籍している優良業者を見つけ出せたとしても、見栄えのある外構になるとは限りません。なぜなら、「外構工事はデザインが命」だからです。

 

センスの良い配色や構造物の配置、あるいは植栽の植え方など、これら全てをまとめて一つの空間にするには、優秀なデザイナーが必要不可欠になります。デザイン次第で建物全体のイメージが決まるため、あなたのセンスにマッチしたデザイナ―が在籍している業者を選ぶようにしてください。

 

ただし、あなたの望んでいるデザインの工事の事例がないとしても、センスの良いデザイナーはどのような様式の外構デザインも提案できます。もし、思い描いている理想とは少しイメージの異なるデザイナーが在籍している業者であっても、一度問い合わせを行うと良いでしょう。

 

このように、ホームページ一つからさまざまな情報を確認できます。外構工事を依頼する業者選びで悩んでいるのであれば、まずは気になる業者のホームページを熟読してください。

 

※インターネットが発展した今でも、ホームページを所有しているのは全体の1割未満です。そのため、私たちは一握りの業者の中から1割以下の優良業者を探し出さなければいけないのです。

 

外構工事を行う業者選びのコツ:実際に訪ねてみる

 

 

 

外構工事(エクステリア工事)を行う方は、大半の方は工事の依頼が初めてです。そのため、外構専門業者(エクステリア業者)をどのように探せばよいか分かりません。そのこともあり、新築を建てる方の場合、住宅メーカーが外構工事も一貫して行う場合は多いです。

 

ただ、住宅メーカーやホームセンターなどに外構工事を依頼すると、マージン(中間手数料)が工事費用に加算されるため、金額が高くなってしまいます。しかし、外構工事専門業者と直接契約できれば、このような無駄な手数料を支払う必要はありません。

 

ただし、前述の通り、大半の方が外構専門業者をどのように探せばよいのか分からないのが現状です。

 

そこで、雑誌やインターネット、あるいは紹介などで気になった外構工事専門業者の店舗へ実際に訪ねてみることをお勧めします。業者のホームグラウンドであるオフィスへ伺えば、その会社の良し悪しは一目瞭然です。業者の店舗をうかがう際の着眼点を以下にまとめました。

 

店舗のセンスを伺う

 

外構を専門として工事を行っている業者であれば、その店舗の外構に力を入れているはずです。突然訪れたお客様に対して、提供している外構のセンスやデザインをアピールするのに最適だからです。

 

また、その業者が最も得意とする外構を採用している場合がほとんどです。イラストや写真などで説明を受けるより、実物を見た方が現実味を帯びます。このとき、センスがいまいちだったり、工事の質が悪かったりする光景を目の当たりにしたら、その業者は却下した方が無難です。

 

ただ、都心部の場合、ビルやテナントの中にオフィスを構えている業者がいます。この場合、自社の土地ではない外構を変更することはできません。そこで、外構専門業者が実際に工事を行ってきた工事実績を見せてもらいましょう。そうすることで、その業者が提案する工事のセンスを伺うことができます。

 

なお、自社の土地で店舗を構えていない業者であっても、優良業者は存在するので安心してください。

 

接客態度を伺う

 

業者の店舗を訪問する際は、働いている従業員の態度にも目を配るようにしましょう。常に笑顔で接客する方と、むすっとした態度や高飛車な態度をする方では工事の質にも雲泥の差があります。

 

また、営業担当者の方と話をする際は、出される飲み物やおもてなしの茶菓子などの有無を確認するようにしましょう。お客様として大切にもてなされているかどうかの判断ができるからです。

 

特に、ファーストコンタクトは非常に大切です。素人であるあなたの要望をどれだけ的確に掴めるかどうかがカギとなります。そして、望んでいる外構についてプロとしての意見を付け加え、複数の提案をあなたにできるかどうかも重要です。

 

ただ、デザインによって使用する材料や手間暇が異なるため、値段は大きく開きます。このことも含め、現実的な内容をきちんと説明してくれる方が在籍している会社であれば、優良業者である可能性が高いです。

 

このように、実際に店舗へ訪問することで、雑誌やインターネットでは感じ取ることがのきない業者の裏側を覗き見ることが可能です。記事や広告ではいくらでも良いことを書くことができますが、事実を隠し通すことはできません。これらの利点を踏まえて、業者のオフィスへ一度足を運ぶことをお勧めします。

 

ただ、対応が良く、工事内容も充実しているとしても、無理に契約を迫ってくるような会社は悪徳業者である可能性が高いです。注が必要です。色々な話を聞いた上で、あなた自身が「この業者に外構工事を任せたい」と思うまで、依頼する業者を確定してはいけません。

 

あなたの予算を聞いたうえで、予算の調整やデザインの見直しなどを面倒くさがらずに率先的に行ってくれる優良業者を選ぶようにしてください。

 

外構工事を行う業者選びのコツ:デザインから一社に絞る

 

 

 

外構工事(エクステリア工事)を行うのは一時的なことでも、作り上げる外構はあなたの家の庭です。そのため、「一生付き合っていく空間」という考え方をしなければいけません。

 

予算がないからといって適当な工事を行ったり、妥協して粗悪な素材を使用したりすると、必ず後悔することになります。すぐに壊れてしまったり、みすぼらしい外観になってしまったりするでしょう。

 

また、妥協をして安い工事を行うとしても、数十万円〜数百万円は必ずかかります。安い工事を無理に選ぶのではなく、予算内であなたの要望を再現してくる優良業者に工事を依頼する必要があります。

 

また、工事を行う間のみの付き合いといっても、工事を行っている間は毎日顔を合わせることになります。これらのことを考慮すると、業者選びがどれほど重要なのかが分かると思います。

 

そこで近年では、複数の業者へ見積もりを依頼する「相見積もり(または、あいみつ)」が一般的になりつつあります。このページでは、あいみつを行った際に、それぞれ業者が提案してくるデザインから一社に絞り込む方法を紹介します。これを学ぶことで、業者のあなたへ対する思いを判断できるようになります。

 

希望や要望が忠実に再現されているか

 

業者が見積もりを提出するためには、あなたの要望や希望をきちんとヒアリングする必要があります。このとき、実際に提出される見積書にあなたの思い描く理想がきちんと再現された内容でなければ意味がありません。

 

例えば、私の知り合いに、予算の都合で工事内容を手の込んだ内容からシンプルな作りに変更した方がいます。この方は、「外構全域の工事を行いたい」と考えていたため、全体的に工事の質を落として金額を安くする方法を選びました。

 

しかし、実際に提出された見積書の中に含まれていたデザイン案を確認すると、たしかにコストは安いのですが、要望がほとんど入っていない内容でした。

 

プライバシー性を向上させるために建物の周りを囲む工事を依頼したいのですが、費用がかかりすぎてしまったため、業者側の勝手な判断で目隠しを設ける工事を却下したのです。これでは、せっかく長い時間をかけてヒアリングを行った意味がありません。

 

外構専門業者が提案するデザイン案のセンスや工事費用も大切ですが、一番重要なのは「あなたの要望がきちんと組み込まれていること」です。あなたの希望を聞き入れ、業者ごとに異なる提案をしてもらえて初めて相見積もりのメリットが浮き出てきます。

 

デザイン案は機能的で美しいか

 

前述の通り、デザイン案にあなたの希望や要望が含まれていなければ意味がありません。ただ、要望は全て入っていたとしても、必要のない工事は省いてもらう必要があります。欲張って外構内容を注文し過ぎてしまうと、ごちゃごちゃで窮屈な外観になりかねないからです。

 

外構のデザインで求められる内容は、「機能的で美しい外観」です。構造物の配色や大きさ、あるいは位置に至るまで洗礼されたデザインでなければ、見栄えのある外構にはなりません。

 

ただし、デザイン性を追求するばかりではいけません。訪れた人や通りすがりの方から見て、「オシャレな外構だな……」と思うような庭を作り上げたとしても、機能的でなければ本末転倒です。例えば、美しい外構であっても、雨になると滑りやすくなる場合は機能的に優れているとは言えません。

機能的で美しい外構でなければ意味がないため、実際に使用するイメージもプランに組み込むようにしてください。

 

安全性の高いデザインかどうか

 

機能性の面で、もう一つ注意しなければいけない点があります。それは、安全性の高いデザインかどうかです。誰が見ても見栄えのあるという外構を目指すのも良いのですが、安全性に欠けてはいけません。

 

例えば、家の周りをコンクリートやブロックで囲む場合、「倒れないような処置をとってあるのか?」などを確認する必要があります。

 

風格のある外構を作り上げることができたとしても、すぐに崩れたり倒れたりしてしまっては元も子もありません。それどころか、塀の近くにいた方を巻き込むようなことがあってからでは手遅れです。あなたの家族だけでなく、周り近所の方に迷惑をかけない外構を目指すようにしましょう。

 

このように、デザイン案一つでもさまざまな話を業者と交わすことができます。これらのことを考慮して外構専門業者と細かい話し合いを行えば、機能的で見栄えのある外構を作り上げることができます。このページで述べてきた内容に気を付けながら、あなたに最も適している一社に絞り込みましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す