外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因

 

私たちが普段何気なく生活しているなかで、いたるところに構造物があります。構造物とは、ビルやトンネル、あるいは私たちの住まい(一軒家やマンション)のことを指します。

 

近年の建物は耐震補強に力を入れているので、多少の地震がきても崩壊するようなことはありません。

 

また、ビルやトンネル、あるいは橋などの大きな構造物は国が管理をしています。国民の命を守るために、想定できる自然災害に十分対応した設計で作られています。

 

しかし、強度をそれほど必要としない構造物は、「手抜き工事」をされている場合が非常に多いです。強度をそれほど必要としない構造物とは、建物の外構工事(エクステリア工事)や民間工事(公共事業以外)のことを指します。

 

見た目はきれいに作り上げられているのですが、実は仕上がりだけをきれいにしている場合がほとんどです。

 

手抜き工事を行う最大の理由は「十分な工事予算がない」からです。十分な工事予算がないと、行わなければいけない工程を省かなければならなくなり、粗悪な構造物ができてしまいます。そこで、最後にきれいに仕上げることで「良い構造物ができた」と錯覚させるのです。

 

つまり、見栄えの良い外観の構造物でも、手抜き工事をしているためにすぐにボロボロになってしまう可能性が非常に高いということです。見栄えだけをよくする手抜き工事の例をいくつか挙げていきます。

 

 左官屋さんによる上塗りで見た目だけきれいなコンクリート

コンクリート構造物(ビルや駐車場のコンクリートなど)の工事を行う際は、「専門知識」と「職人の技術」がなければコンクリート本来の強度を生み出すことができません。

 

コンクリートは決められた打設方法を行わなければ、バラス(砂利)とモルタル(ペースト状のコンクリート)に分離してしまい、仕上がりは右の写真のように偏ったコンクリートになってしまいます。

 

また、写真の赤で囲んである「砂利が浮き出ている部分」のことをジャンカと呼びます。

 

出来上がったコンクリートにジャンカが発生してしまうと、見た目が悪いだけでなくコンクリートの強度はほとんどなくなります。本来なら取り壊しを行い、新しく作り上げなければいけないのですが工期(決められた工事期間)」と「現場予算」の都合でできないため、モルタルを上塗りして見栄えをよくしてごまかしています。

 

モルタルを上塗りする作業のことを「補修作業」と呼びます。補修作業は現場で当たり前のように行われています。

 

また、補修作業を行う理由は、素人さんが構造物の良い悪いを見た目で判断するため、仕上がりだけきれいなら良いとされているからです。

 

補修作業は左官屋さん(壁塗りをする職人)が行います。左官屋さんの仕事は、補修作業だけでなく、ブロックを積んだりタイルを貼ったり、またはモルタルなどで壁をきれいに塗り上げていく作業などです。

 

ただ、左官屋さんが壁を塗るからといって、手抜き工事を隠ぺいしているとは限りません。壁を塗り上げることで、見た目がきれいになる上に建物とマッチした外観を作り上げることができるからです。

 

ここで重要なのは、「左官屋さんがモルタルを塗り上げる前にコンクリートの表面を確認する」ということです。

 

モルタルを塗り終わってからではコンクリートの表面を確認することができません。手抜き工事を見抜くために、必ずコンクリートの出来栄えを確認するようにしてください。

 

また、右の写真のように補修作業を行わないコンクリート構造物もあります。このようなコンクリート構造物を「打ち放し(または打ちっぱなし)コンクリート」といいます。

 

打ち放しコンクリートはクールな印象を与え、シンプルな外構に適しています。

 

打ち放しコンクリートの場合、補修作業を行うことができないため、コンクリート打設は一発勝負です。それがそのまま表面に現れるので、職人の腕が試されます。腕の悪い職人が施工した打ち放しコンクリートは見栄えが悪くなってしまいます。

 

コンクリートに限らず、手抜き工事をして最後の仕上げでごまかしを行っている業者が非常に多いです。ただ、その中にもきちんとした仕事をしてお客様のことを第一に考えている業者はいます。

 

工事で「ごまかし」を行わせないために、現場の進行状況をこまめに確認するようにしてください。少し面倒くさいかもしれませんが、これを行うことによって構造物の品質が一気に向上します。

 

工事を業者にまかせっきりにしてしまうのはあまり良いことではありません。品質と仕上がりに満足できる工事を行ってもらうために、職人さんと一緒になって現場を確認するなど、あなたも工事に参加するようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す