外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

構造物の見栄えは「通り」できまる

 

私たちの住んでいる建物の周りは、コンクリートの壁やブロックを積んだものを目にするはずです。

 

注意深く観察してみると、壁や並べられたブロック、あるいは建物全てが直線状に立ち並んでいることに気づきます。これは、構造物の全てが「通り」と呼ばれるものを意識して作られているからです。

 

通りとは、写真のように「見通しが直線状」のことを指します。また、しっかり直線になっているか確認する作業を「通りを見る」といいます。

 

構造物を作り上げる上で、通りは非常に重要です。通りが狂っていると、素人さんから見ても違和感を覚えるほど見栄えが悪いものになってしまいます。人間の目は非常に良くできているので、ごまかすことはできません。

 

通りが狂ってしまうと、構造物の見栄えが悪くなってしまうだけでなく、隣近所とトラブルの種になってしまう可能性もあります。そこで、通りの重要性を以下にまとめました。

 

 家の周りの外構工事(エクステリア工事)を行う際は、「境界」に気をつける
まず、通りを出すために、「丁張り(ちょうはり)」と呼ばれるものを出します(作ります)。
丁張りとは、工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出すための目印のことです。

 

丁張りを出すには測量機(右の写真の機械)を使用し、構造物を作る場所を正確に導き出します。

 

測量をする目的は、通りを出すことはもちろん、隣り近所との敷地の境界を正確に示すことにあります。境界を正確に出しておかないと、敷地争いなどのトラブルに巻き込まれてしまう可能性が非常に高いので注意が必要です。

 

建物の周りの外構工事を行う場合は特に注意が必要です。隣り近所との境界としてコンクリート擁壁(コンクリートの壁)やブロック積みを行ってその上にフェンス設ける際は、職人さんに「隣りの建物との境界は大丈夫ですか?」と確認してみましょう。

 

これを行えば、職人さんは再度確認をしてくるはずなので、境界をめぐるトラブルが起こる可能性を限りなくゼロにできます。また、境界が関係する外構工事は隣近所の敷地も借りなければできないため、必ずひとこと声をかけて工事に協力してもらいましょう。工事を行う際の最低限のマナーです。

 

 通りを正確にすることで、構造物は見栄えがあるものになる

測量を終えて丁張りがでたら、丁張りを基に工事を行っていきます。右の写真の木で組まれているものが丁張りです。

 

次に通りの出し方は、丁張りに「水糸」と呼ばれる糸(写真の赤い線)をかけ、ピンと張ります。

 

糸は上下に揺れますが、左右には振れないため、直線を肉眼で確認することができるようになります。後は、水糸を基に通りを1mm単位で確認しながら構造物を作り上げていきます。

 

例えばブロック積みの場合、水糸を見ながらでないと写真のように直線にブロックを積み上げることはできません。

 

水糸に合わせながらブロックを積み上げていくことで、糸のようにまっすぐきれいな直線を描くようにブロック積みを行うことができます。

 

また、腕の悪い職人だと、水糸を張っても通りを通すことができず、蛇道のようにがたがたのものしか作り上げることができません。通りを正確に出すことは非常に難しく、職人の腕が人目でわかります。

 

例えば、通りが狂ってしまうと、右の写真のように正規の通り(黄色い線)から大きく外れて曲線を描いていることを確認できます。(赤い丸で囲まれている部分)

 

通りが狂ったまま構造物が出来上がってしまうと、非常に見栄えが悪く、格好の悪い外観になってしまいます。

 

このように、通り一つで構造物の仕上がりが大きく変わってしまいます。高額な外構工事費用を支払ったにも関わらず、「素人が施工した構造物」のような出来栄えではガッカリしてしまいます。

 

通りはコンクリートの壁やブロック積みに限らず、フェンスや門扉、あるいはタイルといった外構工事全てに関わる非常に大切なものです。通り一つで見栄えが大きく変わってしまうので、工事期間中は必ず通りを確認するようにしてください。

 

前述の通り、通りが狂っていると素人さんでも違和感を覚えるはずです。通りがおかしいと思ったら、出来上がる前に職人さんに確認をしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


構造物の見栄えは「通り」できまる 関連ページ

門や塀・フェンスのタイプから外構プランを考える:和風住宅
ブロックを積み上げていくだけでは強度はでない
コンクリート強度を著しく低下させるジャンカとは
強度を必要としない均しコンクリート
コールドジョイントが発生したコンクリートは強度が低下する
自然災害から建物を守る外構工事
プライベートガーデンは「過ごしやすさ」が重要である
元からある外構をそのまま利用してはいけない:塀について
コンクリートの壁の点検方法:崩壊を防ぐ
壁塗りを自ら行い、外構工事費用を抑える:DIYの庭造り
開放的で広々とした庭を作る方法:オープン外構エクステリア
プライバシー性を確保しつつ開放感のある庭:クローズド外構
外構工事でブロック塀を作る際、手抜き工事を未然に防ぐ方法
門扉は、基礎工事をきちんと施工しないと開閉できなくなる
境界工事を行う際は、外構工事の費用をお隣さんと折半する
土留めの役割をする擁壁は、施工方法を間違えると崩壊する
ブロック塀の中に入る鉄筋はかぶり厚が無ければ崩壊する
ブロック塀の安全性を高めつつ工事費用を最小限に抑える方法
ブロックを綺麗に積み上げる方法:基礎コンクリートの重要性