外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

ブロックを積み上げていくだけでは強度はでない

 

普段私たちが生活している中で、ブロックを積んで塀や隣の敷地との境界を示す壁をよく見かけると思います。

 

ブロックだけでは強度はほとんどありません。ブロックの中には鉄筋が入っていて、鉄筋がブロック積みの強度を高めています。

 

普段見かけるブロック積みは表面に鉄筋が出ていることがないので、ブロックの中に鉄筋が入っているとは知らない人がほとんどではないでしょうか。ただ、ブロックを積み上げていくには、実はこの鉄筋が最も重要な役割を果たしています。

 

鉄筋が入っていないブロック積みの壁は、積み木のようなものなので簡単に倒れてしまいます。また、ブロック積みは本来土圧(土が崩れようとする力)に耐えられるものではありません。

 

そこで、鉄筋とコンクリートを上手に組み合わせれば、「崩れないブロック積み」を作り上げることが可能です。

 

 鉄筋が入っていないブロック積みはすぐに倒れてしまう

まず、ブロックの積み方を簡単に紹介します。ブロックを積む前に「土台コン(写真の白いコンクリートの部分)」と呼ばれるブロックを積むための土台を設けます。

 

右の写真の場合、土を埋め戻したときにかなり土圧がかかるので、大きな土圧に耐えることができるL型擁壁(Lの形をした壁)をベースにしてあります。

 

仕上げに、鉄筋を天端(コンクリートの一番高い部分)に指して土台ができあがります。

 

後日、土台コンが硬化したら「モルタル」と呼ばれる砂とセメントと水を混ぜ合わせたペースト状のものを塗り、その上にブロックを積んでいきます。

 

このとき、モルタルの役割はブロック同士の「接着効果」が主であり、強度を出すことを目的としていません。ブロックにはモルタルを詰める穴と、隣りのブロックと結合するための溝があり、そこへ鉄筋を入れていきます。

 

もし、鉄筋をいれなければ、ブロックはモルタルでくっついているだけとなりすぐに倒れたり傾いたりしてきます。張力(引っ張る力)に強い鉄筋によってブロックが崩れるのを防いでいるといっても過言ではありません。鉄筋はそれほど重要な役割があります。

 

なお、L型擁壁は鉄筋コンクリートでできているので、ブロック積みよりも強度が勝ります。

 

ブロック積みより強度はあるのですが、材料と手間がかかるので工事料金が高くついてしまいます。ブロック積みをするメリットは、「工事費用を抑えられる」ことと「デザイン性が豊か」ということが挙げられます。

 

ただ、前述の通りブロック積み土圧に耐えるものではありません。鉄筋が入っているのですが、擁壁(鉄筋コンクリートの壁)に比べ強度が劣ります。しかし、建物の周りを囲う塀やフェンスのベース、あるいは花壇程度ならブロック積みでも十分強度を保ち、見栄えのがる外観を作り上げることができます。

 

 オシャレなブロックも強度は変わらない

ひとことにブロック積みといっても、さまざまな模様のブロックが存在します。

 

化粧ブロックと呼ばれるブロックもその一つであり、ブロック積みに求められる強度を保ちながら「見栄えのる外観」を演出することが可能です。

 

建物のテーマや色合いに合わせてブロックを選んでいくのも楽しみの一つです。コンクリートの壁よりも工事費用が安く、デザイン性が豊かなのでお手軽に外構(エクステリア)の印象をガラッと変えることができるのも大きな魅力の一つです。

 

ブロック積みの工事を依頼する際は、設計士や職人さんと話をして鉄筋が本来の場所にあるか必ず確認をとるようにしてください。いくら工事費用が安いといっても、数十万円以上する高額な工事のため、すぐに壊れてしまったり傾いたりしてはガッカリしてしまいます。

 

また、安いからといって土圧がかかるような場所にはブロック積みはできないので注意してください。いくら鉄筋を入れて頑固に作っても、土を埋め戻した瞬間に崩れるかまたは傾きます。

 

いつまでも見栄えのあるブロック積み工事をしてもらうために、業者との打ち合わせがとても重要になります。あなたの理想を全て伝え、納得のいくブロック積み工事を行いましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


ブロックを積み上げていくだけでは強度はでない 関連ページ

門や塀・フェンスのタイプから外構プランを考える:和風住宅
コンクリート強度を著しく低下させるジャンカとは
構造物の見栄えは「通り」できまる
強度を必要としない均しコンクリート
コールドジョイントが発生したコンクリートは強度が低下する
自然災害から建物を守る外構工事
プライベートガーデンは「過ごしやすさ」が重要である
元からある外構をそのまま利用してはいけない:塀について
コンクリートの壁の点検方法:崩壊を防ぐ
壁塗りを自ら行い、外構工事費用を抑える:DIYの庭造り
開放的で広々とした庭を作る方法:オープン外構エクステリア
プライバシー性を確保しつつ開放感のある庭:クローズド外構
外構工事でブロック塀を作る際、手抜き工事を未然に防ぐ方法
門扉は、基礎工事をきちんと施工しないと開閉できなくなる
境界工事を行う際は、外構工事の費用をお隣さんと折半する
土留めの役割をする擁壁は、施工方法を間違えると崩壊する
ブロック塀の中に入る鉄筋はかぶり厚が無ければ崩壊する
ブロック塀の安全性を高めつつ工事費用を最小限に抑える方法
ブロックを綺麗に積み上げる方法:基礎コンクリートの重要性